ふかわ氏岡本夏生のドタキャン騒動語る

Pocket
LINEで送る

※一部要約しています。正確なセリフはネットの動画をご確認下さい。

 

まず夕刊フジの紙面では

開演1時間前に到着した岡本さんは「携帯を失くした」と説明のうえ謝罪。ふかわさんは「最後に会った時、樹海をにおわすから心配していた」というと、彼女は「私は死なないわよ」と。

彼女の欠席に備えていた内藤聡子さんがステージに上がると「何であんたが来るんだよ」とかみつく岡本さん。


一方、4/12の五時に夢中内で、ふかわさんは

騒動を謝罪のうえ、彼女の理屈は「私を信じているなら心配などしないだろう」という言い分だった。色んな感情がわきましたが、まず、(彼女が)生きていて良かった。

で、最初の10分は和やかでしたが、残りの2時間・・・戦場でした。

NATOに介入してもらおうかと思ったぐらい。

退室されたお客様もおられましたが、最後まで付き合って頂いた大多数のお客様に感謝でいっぱいです。

そんな中、一人の犠牲者を生んでしまいました。それはシークレットゲストとしてお呼びしていた岩下尚史さんです。

この戦場に岩下さんをお呼びするわけにはいかないと思い、お引き取り頂きました。

 

(偶然、火曜レギュラーの)岩下さん「ステージのそでのモニターで見ていて”いつ出ようか”と思っていたが、滅多に見れらないものでした。私も若い頃から色んなものを見てきたが、あんな舞台は初めてだった。保健所に電話しようかと思いました」

ふかわさん「私にも非があるので予定を変更し、本日を内藤さん、明日を上田まりえさんにお願いしました」

とのことでした。


★以下、管理人の意見です

岡本さんの言い分からすれば「ふかわさんがブログ(またはツィッター)に余計なことを書くからだ。私を信用して」でしょうけど

ふかわさんからすれば「3/29以降、岡本さんと連絡が取れないから心配だったし、そもそも本番当日の4/11にも連絡がないのは変だ」と思うのも当然。

岡本さんはたしか「事務所なしで、一人でやっている」と私は記憶していますし、最近の同番組内での「感情の浮き沈みが激しい」状態を見ると、

女性なら50歳前後、男性なら40歳以降の人でまれに発症することもある更年期障害とか心の病ではなかろうかという意味で岡本さんが心配。

彼女は普通に勧めても受診しなさそうので、番組の企画として心療内科の先生に岡本さんを診てもらいたい。