集団的自衛権と辺野古への移設に反対した場合

Pocket
LINEで送る

あくまでも”仮に”、集団的自衛権の拡大に反対するのなら、個別的自衛権の拡大に賛成することになると思います。

個別的自衛権つまり「日本および海外の大使館などで相手から攻撃・テロをされたら日本単独で反撃する権利」を今以上に拡大する必要が出てくるため、防衛費も増加する必要があります。

しかし、日本政府は安倍首相以前の時代から「日本は単独で防衛することができないし、防衛費の増加に対し反対の声がある」という理由から、集団的自衛権の拡大を議論してきたそうです。

つまり、日本とアメリカとの連携で互いの国を守っていきましょう、という考えの方向に進んでいますが、実際には良い面と悪い面があるのも事実だとは思います。

ちなみに個別的自衛権だけで十分な国とは、中国やロシアなど単独で戦争・防衛できる国です。


普天間基地は「危険な基地」なので辺野古沖に移設しようと政府はしているのですが、”仮に”反対した場合は

普天間基地はそのまま

ということになりそうです。ただし、そのままでは危険なので「基地周辺の学校や民家を他へ移設すべきではないか?」という議論が出てきそうですが、過去にもそういう話があったそうです。

にもかかわらず「学校の移設にも反対する人がいた」という、まさに堂々巡り。反対派の意見は「基地の数を減らす」というのが真の目的なのですが、それをアメリカが許すとはとても思えません。