岡山県総社市の和菓子店に立ち寄りました

Pocket
LINEで送る

所用で総社市に行くことがあり、事前に地元の土産をと思いネットで調べ、実際に購入してきました。

総社市総社にある「御菓子司(おんかしつかさ) 備庵(びあん)」

http://bian.on.omisenomikata.jp/menu

 

行ったのは良いですが、お店の扉は開くものの店番の人はいなくて、どうしようかと思っていたら「ご用の方は外のインターホンを・・・」と書かれてある札を見つけて、ピンポンと鳴らすと、奥の自宅らしきところからご婦人が。

営業中なのかどうかわからなかったので「(購入できますかの気持ちで)よろしいですか?」と尋ねると、「どうぞ」と言われたのでショーケースを見る。

しかし、実物の商品はほとんどなく「商品の写真と値段のみ」。

はじめての店なのでオススメを聞いて買ったのが、わらびもち(300円)、焼き菓子2種(各100円)と非常にリーズナブル。

わらびもちは時期外れだからか解凍品でしたが、「自然解凍してから食べて下さい」と言われていたので、そのとおりに食べると、当然のごとく、スーパーなどのわらび餅とは比較にならないほどおいしい。

餅のように弾力があるのでお子さんには不向きですが、付属の黒蜜をかけてキナコと多少からめながら、一口大に切られているわらびもちを口に入れると、「わらびもちってこんなにおいしい食べ物だったのだろうか?」と改めて気付かされました。残ったきなこも完食できるほどのさっぱりした味でした。

 

そして、焼き菓子の吉備野物語。

半分に分け、白あんか?と思いながら食べると丁度良い甘さで、さらに家人にも好評だったので、これなら人様への土産になるお菓子と思いました。サイトには「地元産のきびみどり芋の餡」と書かれていました。

 

言い方は悪いですが、和菓子には似たような商品が多く作られるのは仕方がないのかもしれませんが、「独自カラー」を持ったお店が総社市にあったことを知って、少々驚かされました。

ただ、「呼び鈴で店員さんを呼ぶ」という販売システムは田舎のお店らしくて懐かしい感じがした一方で、正直、「人がいないのなら帰ろうか」と最初は思いました。それだけが注意点です。

 

※事前に参考した食べログ 備庵

http://tabelog.com/okayama/A3301/A330102/33009147/dtlrvwlst/

 

※きびみどり芋とは総社市の特産品の白いさつまいもだそうです

総社市観光ガイド

http://www.city.soja.okayama.jp/shoukou_kanko/kanko/kanko_taberu/kibimidori_kashi.html