占いは会話の手段と思えば楽しめる

Pocket
LINEで送る

占いを信じる、信じない人に分かれるのは理解できます。

先日テレビでマツコDXさんの番組で占い師の人に鑑定されているシーンを見て、「占いは会話を楽しむ手段の一つだな」と。

ただ気を付けなければならないのが、「お金儲け」「別れる、別れない」といった「欲」「深刻な悩み」の方向性を「占い」で決めるのは大変危険だと思います。

 

それは占いの結果とは違う、悪い方向に進んだ時に「恨み」が生じてくるからです。

ですので、そういう深刻な悩みではなく、あくまでも会話のネタとして、血液型占いやら手相占いができる人がその場に一人でもいれば、場が和むし会話がはずむと個人的には思います。もちろん、手相は勉強が必要ですが。

 

そういう意味で、「占い師は詐欺師」だという意見は言い過ぎだと思うのです。レジャーが少なかった昔において占いは、レジャーであり会話遊びだったように思えるので、占いそのものを否定するのは言い過ぎだと思えます。

ただし、信じすぎるのは危険なのは同感なので、「余暇のひとつ」程度で占いに興味を持てば良いと私は思います。