創価学会員で公明党を批判されていた方々

Pocket
LINEで送る

まず、私は創価学会員でもありませんし、公明党支持でもありません。
また、学会員の方や公明党員の方に対しても「個人の自由」だと思っていますが、ただ「政教分離」という観点から見ると違和感があるのは事実です。

 

連日の報道を見ていて、

一部の学会員の方々が安保法案に反対するだけでなく、「平和を愛する党、それが公明党だったのに・・・」と公明党を公然と批判をされていました。

 

その時点で、他人の私から見れば

「批判するぐらいなら、公明党員を辞めるか、学会員を辞めれば良いだけではないですか?」と感じました。

言い方を変えれば

「岡山県に住んでいながら、岡山駅の前でマイクを持って岡山県政の不満を叫んでいる人」と同じで、

「嫌なら岡山から出れば良いじゃん」と言われても仕方がない話と全く同じだと思います。

 

ただ、党批判をされていた学会員の方が全体の何割なのかは全く知りませんし、逆に「党の姿勢を支持している学会員への取材映像」を1本も見れなかったのも残念。

もちろん反対・賛成は個人の自由ですが、反対意見の方がニュースに流れる機会が多かったようなイメージなので。