一部の大学に存在する孔子学院

Pocket
LINEで送る

岡山にある私立大学にもあり、時折、地元新聞には「孔子学院講師による中国語および文化カリキュラムを●日に開催、社会人の参加も可能です」という広告を目にするようになったのは、ここ数年の話です。

 

・なぜ、孔子学院という機関(または学部のようなもの)ができて、岡山の大学に?

・しかも、新聞に広告を出してまで募集するのか?

という疑問を持っていたのですが、今日、ある番組によって解決しました。

 

孔子学院とはウィキペディアにもあるように、中国による中国文化の普及機関であり、

・中国はこんなにも素晴らしい歴史・文化を持った国ですという思想の普及を狙う。

・孔子学院の講師にかかる費用はすべて中国持ち

・孔子学院を設置した日本の大学には毎年一定のお金が中国から支給される。(一部には数千万円)

・日本だけでなく世界に新設されている。

という「中国による公な宣伝機関」ということだそうです。

 

単に中国文化の普及だけなら理解できないわけではないのですが、お金の話まであるとなると、色々と頭の中をよぎります。