マイナンバーに生体認証の導入を

Pocket
LINEで送る

※個人的にちょっと調べた範囲の内容ですので、勘違い・間違いがありましたらご容赦下さい。

参考サイト

内閣官房サイト

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq3.html

今年、平成27年10月以降に通知されるマイナンバー。

(運用は2016年1月予定)

ただし、最初は「個人番号が書かれた通知カードと申請書」が届くそうで

申請書を提出することで「個人番号カード」というものが届くそうです。

違いを簡単に書きますと

・”通知カード”は単独では証明書にならないため、免許証などと一緒に提示することで「マイナンバーが本人のもの」として、証明書になる

・”個人番号カード”は「顔写真」さらにICチップ(予定)も付加されるのため、個人番号カード単体で証明書になる。有効期限は10年。

要するに

「番号だけを証明書に書いても有効にはならない」そうで、

考えられる利用場所は

税務署、役所、勤務先、金融機関、年金機関などだそうです。

つまり、

悪意を持った人が他人の番号を公的な書類に書いたとしても、写真付きの個人番号カードもしくは「免許証」といった「番号以外に個人を証明するもの」を提示しないと、その番号は「有効なもの」にはらない、模様です。

また、他人の番号をネットで入力した場合でも、ICチップの入った個人番号カードでないと「有効にはならない」模様です。

そのため「番号が他人に知られた」からといって、それほど神経質になる必要はなさそうですが、例えば、レンタルショップやスポーツクラブの入会時

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq3.html

に「個人番号カード」を提示すれば有効な証明書にはなります。

しかし、番号以外の個人情報が書かれた表面の提示(コピー)はOKだが、番号が書かれた裏面はコピーも提示も不可ということを「カード所有者である自分」が覚えておく必要がありそうです。

(店員が裏面のコピーをとることは禁止されています)

 

注意点としては

・個人番号カードを紛失しないこと。(おそらく、顔写真のすり替え防止処理はされているとは思いますが)

 

・通知カードと公的書類は別々に保管。

写真のある免許証なら問題はありませんが、もし、保険証(*)など写真のない公的書類が通知カードと一緒に使われると厄介だと思います。

* 公的書類として免許証以外に何が使えるかは、私ではわかりませんし、保険証は一例として書きました。

 

なぜ、この話題を書いたかと申しますと、アメリカのドラマ

CSI6 ニューヨーク の「セカンド・チャンス」

という回を昨夜見ていたところ

※下記のセリフはうろ覚えです。

犯罪の疑いのある女性に主人公のテイラー警部が

「おまえには多額の借金がある。お金欲しさに犯行に及んだんだろ」と質問したところ

「私じゃない。昔、ドラッグをやっていたから、更生施設に入るたびに自分の(社会保障)番号を話していたから、ひょっとするとその番号が漏れたのかもしれない。そういえば施設を出た途端、たくさんの借金取りが私の所に来たけど、施設にいたから借金なんてしていない。私の番号を使って勝手にクレジットカードを作って、使いまくったヤツがいるかもしれない」

というシーンを見て、

「今年始まるマイナンバーが仮に漏洩したら、他人に悪用されるのではないか?」

という疑問がわいたから調べたのですが、前述のように日本では

「個人番号だけでは有効にはならない」ので、アメリカほど心配する必要はなさそうです。

ただし、個人的には「顔写真」には、双子やそっくりさん、メスを使わないプチ整形といった手段で「本人になりすます」という危険性もあるため、

 

指紋や目の網膜といった「生体認証カード」の方が写真より安全と思うのと同時に

税務署、役所、金融機関、年金

といった窓口だけならまだしも、マイナンバーに医療情報(病歴、服用薬)まで付加する議論が出るのは時期尚早で、

制度を運用し様子を見てから、情報を付加するかどうか判断すべきと思います。

 

参考

アメリカの「社会保障番号の情報漏洩」(wikipedia)