イオンのセルフレジの使い方

Pocket
LINEで送る

※初投稿時のタイトルは「セルフレジを初めて体験」でしたが、慣れましたのでタイトルを変更し、記事の一部も適宜、改訂しています。

 

都会の方には見慣れた光景かもしれませんが、たまたま立ち寄った店にセルフレジという私にとって初めての機械がありました。

レジ打ちの人がいないレジで、自分で商品のバーコードを読み取って袋に入れてお金を払う

 

というただそれだけなのですが、レジの画面に手順が表示されるし、少し離れたところに店員さんがセルフレジの監視・ヘルプとして常駐しているのがわかったので、「わからなければ聞けば良い」と思って試しにトライしてみました。

●補足

※マイバッグを使用する場合は、文中のレジ袋をマイバッグに読み替えて下さい。また、セルフレジの設置場所によって商品カゴとレジ袋の場所が左右、逆になります。つまり、カゴが左、袋が右のレジがあれば、カゴが右、袋が左のレジもあるということです。

 

●使い方

レジの左(または右)の台にカゴをのせて会計スタートボタンをタッチ。

レジ袋を使うかどうか、WAONカードの有無を尋ねてきますので「はい」「いいえ」を選択。レジ袋を使う場合、袋の口が開いていなかったら開けて下さい。

一個ずつセンサーに商品のバーコードをかざしながら値段が表示され金額の音声が聞こえたらレジ袋の中へ。音声が聞こえなかったら「読み取りエラー」の場合があります。

読み取りが失敗したかどうかは、画面に数件、読み取りが成功した商品の名前と金額が表示されているので、それを見ればわかります。

全部終わったら支払ボタン → WAONポイントを使用するかどうかを尋ねてきます。

その後、

電子マネーならカードの種類をタッチして、電子マネーカードをかざします。

現金の場合は現金ボタンを選んで投入口にお金を投入します。投入口の場所が不明な場合は必ず投入に店員に尋ねて下さい。

最後にレジからレシート、場合によっては別の所からクーポンも出てくるのでレジ袋とともに取ることで終了です。

 

懸念事項(心配事)として


・バーコードのない野菜のバラ売りなどの商品、タイムセールなどの値引きシールのついた商品の場合はどうなるのか?

→2016年7月補足

バーコードのない商品は、「バーコードの無い商品」ボタンをタッチして「緑色の野菜」「その他の野菜」「焼きたてパン」といった専用のボタンをタッチしていけば、該当の商品が見つかります。わからない場合は店員さんに尋ねて下さい。また、値引き商品は「値引き後のバーコード」が貼ってあるので心配はいりません。


 

・読み取った後、商品をレジ袋に入れなかった場合には、「スタッフが参ります」という音声がレジから流れることがあります。

 


・商品数が多く袋が複数になりそうな時は、有人レジの方がラクかもしれません。

→2016年7月補足

レジ袋が2つになっても支障はありませんが、レジ袋の下の計測装置が正常に働かない場合があり、たまにエラーになるので注意が必要です。

また、特定のサービス券(5%オフ券、ビール値引き券など)を使用する場合は店員さんを呼ぶ必要があるため、値引き券を使用する場合も通常の有人レジの方がラクです。

ボックスティッシュなどの大型商品や商品カゴが2つ以上もある場合はセルフレジではなく有人レジをオススメします。


 

・生鮮食品などを小さい透明袋に入れたい場合は自分でする必要がありますし、お箸などはセルフレジの店員さんのいるところに置いてある場合があります。こういったことが面倒に感じたり、たくさんの商品を買った場合は、有人レジの方が向いているかもしれません。

 

一方でセルフレジのメリットは

・弁当と飲み物だけ、といった「少量の買い物」の時

・レジが混んでいる時

・お子さんなど、バーコード読み取りを楽しめる年代の人と買い物をしている時

・あくまでもメニューの画面の話ですが、waonなど電子マネー決済が通常レジよりも選びやすい(詳しくは店員にお尋ね下さい)

などはこのセルフレジは良いかもしれません。

店の雰囲気としては「少量の場合はセルフレジを推奨している」ように思えます。個人の意見です。

以上が「イオンのセルフレジの使い方」です。

 

 


あと推測ですが、

レジ全体が「大きな天秤」のような構造ではないかと個人的には思え、左にセットしたカゴの中身例えば計1kgの商品がそのまま右の袋に1kg入らないと「会計を済ませていない」と判断されるのではないか?と思いました。

仮に悪い人がいて、監視員の目を盗んで商品をポケットに入れたり、手にもったまま立ち去ったら左右の重量が異なるので、それを防ぐための天秤構造ではないかと、推論ですが。

 

そのうえでセルフレジが普及するかどうかですが、

・ある程度、規模の大きいスーパーなら客数が多いので、セルフレジを置くメリットがありそう。

・機械が苦手な方には、エラー時が面倒そうなのでおすすめできない。

という理由から、もし今後、普及したとしても「すべてがセルフレジになる可能性は低く」、仮に10台レジを置ける規模の店だとしたら、6台は有人、4台はセルフで監視が1人、という割合が限度ではないかと思います。

セルフのガソリンスタンドとは勝手が違います

 

ちなみにネット上に動画がありました

・商品が少ない事例

How to use Aeon Self-register イオン セルフレジ 使い方 「お客様感謝デー」WAON支払い。

https://www.youtube.com/watch?v=uOBkOgzaCKU

・エラーの音声が多い事例 ※結局、成功しています、

【2014年】イオンセルフレジ 試してみた

https://www.youtube.com/watch?v=Ornh0b_4WqE