美味しんぼの作者は漫画で運動をしている

Pocket
LINEで送る

運動が悪いことではありません。

マンガという読みやすい出版物であるため、読者によっては誤解を生じる可能性があります

●現時点でわかっている事(編集時)
・福島県で放射能による鼻血を出している人はいない(福島の医師会)
・岩手県のがれき処理を引き受けた大阪市の処理施設周辺で、同様に鼻血を出している人はいない(大阪市発表)
・マンガに登場した前町長は今でも鼻血や鼻水を出している(前町長自身が発言)

●とある医師の話
・鼻血が出るレベルの放射能を浴びるには相当量の線量を浴びた時で、現在の線量では起こらない

●福島県の街頭インタビューの一部より
・やっと風評被害が落ち着いてきたのに。
・私は鼻血が出ていないのに、(マンガで)こんなことをされて悲しい。

■表現の自由とは?
私の意見ですが「自分の表現で不特定多数の人を不安・不快にする事は、自由の域を超えている」と思え、県民に名誉毀損で訴えられた場合、負ける可能性があります

●美味しんぼの作者および彼の意見に賛同する人
政府、マスコミの情報が信用できない人だと思います。

■マスコミに提案
本来ならば「自分の目で見る」のが一番正しいのですが、取材のプロに任せるべく

なるべく多くのマスコミが福島および大阪に取材に行き、「鼻血が出た人の有無」を取材して公表して欲しいものです。マスコミの数が多ければ多いほど、情報の信ぴょう性が増します。

■要望
マンガに書いてある=「正しい」「そうなんだあ」
と思う人が増える前に、とにかく「マスコミが真実を掴み発表」して欲しいです。

そして作者のマンガを通じた運動が正しいのか正しくないのか、早急にハッキリさせるべきです。

ただ、いずれにしろ作者が福島県民の心を傷つけているのは事実です