怒り新党に出た「すぐ死んじゃうゲーム」

Pocket
LINEで送る

2014年10月15日 マツコ有吉の怒り新党で放送された「即死するゲーム」。

映像を見る限り、どのゲームもクリアできた人は自慢しても良いレベルの難易度が高いし、開発メーカーはテストプレイをまともにしていないようなゲーム内容でした。

 

●1本目 1991年発売ファミコンソフト

ドラゴンズ・レア ウィキペディア

1面の一番最初のステージの仕掛けから嫌らしいぐらい、ヒドイ。

ちょっと乗っただけで崩れる橋、その橋の下から覗くドラゴン。

大人でも相当手こずりそうですが、youtubeでは上手い人が

 

●2本目 1986年発売ファミコンソフト

トランスフォーマー コンボイの謎 ウィキペディア

1面始まってすぐの敵の弾が背景の山と同じ白色のため、弾が見えず即死。ただドラゴンズレアよりは「敵のパターンを覚えれば少しずつは進めそうな感じ」でした。

仮に攻略本があったとしてもクリアには根気が必要そう。

トランスフォーマー コンボイの謎 (ファミリーコンピュータ必勝道場, 12)

当時のCM映像 youtube

 

●3本目 2008年制作 パソコン用

QWOP

4つのキーを使う 陸上競技。ただ単に足を動かしてゴールするという単純な内容ながら、まともに足が動かず、顔や足など体の一部が地面に着くとゲームオーバー

※ネットで QWOP で検索すればすぐに見つかります