兵庫県議「なんなんだ、コイツは」

Pocket
LINEで送る

ビートたけし氏がこの映像を見たら、言いそうなセリフ。

年に200回近く、日帰り出張をし、その旅費などの領収書を添付せずに政務活動費として計上していた兵庫県議。

 

3時間近く釈明会見をしながら、詳細の行き先、目的を説明せず、さらには

・兵庫県議が政務費不正疑惑でウソ泣き? リンク切れの可能性あり

http://www.youtube.com/watch?v=Gviufzt7dgk

40過ぎたオッサン、しかも議員とはとても思えない、子供のような号泣。

 

「ひょっとしたら、ノイローゼか何かの心の病気」を持っていたとすれば、この号泣は理解できますが、それは信じ難い。

 

もし演技だとしたら、「この取り乱し方は上手い」。つまり、号泣の仕方が異常で怖すぎて、これ以上、記者が説明を求めるのをチュウチョしても仕方がないと思えます。

 

ただ、根本的な問題点として「県民に説明できない行き先」に対し、税金が使われた点を県民は納得できないはずなので、その責任は負うべき。

ひょっとして、仕事ではなく家族にも言えない行き先だったのでは?

 

また、選挙に行かない人や政治に関心を持たない人が増えると、こういう「議員らしくない議員」が増える傾向がありそうです。