ベネッセとジャストシステムの今後

Pocket
LINEで送る

ベネッセはまず、警察と協力し犯人を探し出し公表すること。それと平行して、セキュリティの強化というか「情報の持ち出し」に関する規制の見直しが必要だと思います。

 

つぎにジャストシステム。

名簿業者から購入した個人情報、ということを認め、ベネッセはジャストに対し「入手した名簿でDMを送らないように要請」しているとのことなので、ただちにジャストシステムは「ベネッセの顧客へのDMの発送を早急に中止」すべき。

 

次にジャストシステムが謝罪すべきかどうか、犯罪に当たるかどうか?

それは法律の専門家に任せるべきで、

まず、”ベネッセの顧客である親御さんの気持ち”を最優先に考えれば

「ジャストシステムにある、名簿業者から入手した個人情報の削除と、DMの発送などの営業活動は止める」というのが、通常の企業の真摯な対応だと思うのですが。

 

漏えいさせてしまったベネッセは逐一、判明したことをマスコミに流しているようですが、ジャストシステムはほとんど沈黙のまま。

もし、取得した個人情報のことをこのままジャストシステムが「うやむや」にしたとしたら・・・企業としては何らかの説明はすべき