パタリロが夜7時に放送されていた古き良き時代

Pocket
LINEで送る

少女、ギャグ漫画として1978年に登場、今も執筆されている「パタリロ」

wikipedia

私はアニメ版を見てからはじめて知ったマンガなのですが、今思えば「夜7時(のちに枠変更)というゴールデンタイムに流せる、ギリギリのアニメだった」ように思えます。

夕飯を食べながら、さっきまでゲラゲラ笑えたかと思えば、いきなり、バンコランとマライヒ、男性同士が抱き合うシーンが登場して、

なんかもう無茶苦茶な内容でした。

それをごまかすためか、パタリロのギャグを大げさに描いたり、2期目のエンディングではクックロビン音頭で子供向けの演出をしていたのでは?と

先日、偶然見つけたこの動画で、そんなことを思いました。

パタリロ ED クックロビン音頭

 https://www.youtube.com/watch?v=lt1RC9NCB4w

※「誰が殺したクックロビン」の 元ネタは

童謡マザーグースの1篇で Who Killed Cock Robin「誰が駒鳥を殺したの」の模様です。断定はできませんが酷似しています(wikipedia)

 

ちなみに演奏しているのは声優によるバンド、スラップスティック。

聞き直してみて、古川登志夫さん(うる星のあたる)の声が印象的。

メンバーは野島昭生さん(タマネギ部隊)、古谷徹さん(アムロ)、神谷明さん(ケンシロウ)、おネエキャラの三ツ矢雄二さん、鈴置洋孝さん(ブライト艦長)といった今の大御所声優ばかり。

 

今の時代だったら、フジテレビか東映にクレームが入って即中止または深夜枠への移動。

そこで

直接TV局ではなく、「クレーム受付センター」みたいなものを多業種の出資で作って「こういう意見が現在増えているのですが、皆さんどう思いますか?」というのをWebアンケートで募ってから、TVや出版社、企業にその結果を報告して検討してもらう、というシステムができたとすると、

現在の

クレームが増える→CMの放送中止、ストーリーの変更などが実施→実施後に賛否がわかれた意見が後から出てくる

といった構図を変えることができると思います。

 

オマケ

パタリロ アイキャッチャー ※リンク切れはご容赦を

https://www.youtube.com/watch?v=qnWS5qgeSfs

 

amazonで販売中のパタリロ関連商品