ネコ目のガンダムと拳法のガンダム

Pocket
LINEで送る

テレビで2本の新作ガンダムをほぼ同時期にスタートさせるという、試みなのでしょうか。

 

片方が初代のガンダムを描いた富野さん系、他方はガンダムプラモの第2弾で、問題なのは放送局とその時間帯。

富野さんのGのレコンギスタは放送が深夜で局は3大都市と、BS-TBSまたは動画アプリのみ。

ガンダムビルドファイターズトライは夕方でテレビ東京系。

 

アニメは夕方という図式が当たり前の世代で育った私の意見としては、「子供にテレビを見せておけば、主婦の方は炊事に集中できる」し「宿題をさっさと済ませてアニメを見るというきっかけ」にもなるので、「17~19時」という時間帯が良いとは思うのですが、

夕方は塾やスポーツクラブに通うお子さんが増えたし、録画機が普及したことで、「新規のアニメは深夜」というのが今のほぼ常識。

 

大人になってアニメを見る人は減ったかもしれませんが、事実「アニメは日本の重要な輸出コンテンツ」であり、「日本のアニメが好き」という理由で日本ファンの外国人を増やすきっかけにもなっています。

それゆえ「アニメ=くだらない、子供が見るものという考え方の人」に対しては、アニメは外貨が稼げるし友好的な関係を築ける一石二鳥の面を持つ商品でもある、ということを再認識して頂ければと思います。

 

話を戻すと、夕方は情報番組が多く、アニメをしているとすればテレビ東京系のみ。主婦層には受け入れられているのかもしれませんが「夕方は子供のための時間帯でもある」とも思えるので、

新作だけでなく昔のアニメの再放送を夕方に増やす、といった「昔のテレビ欄のような状況に戻すテレビ局が増えても良いのではないか」という意見をもちます。

 

そして2本のガンダムの話。

レコンギスタはストーリーが複雑そうなので1話ずつ確実に見ていかないとついていけなさそう、そしてガンダムの目が大きく見え方によっては「ネコの目」に私には見えてしまいます。

ビルドファイターズはバトルシーンがメインなので子供でも楽しめる内容。ただ、前作を知っていた方が登場キャラのつながりが広がってさらに楽しめそうです。ただ主役のガンダムがパンチやキックといった拳法がメインなので、違和感を感じることが多そう。

 

この2本のガンダムは「地上波でほぼ同じ時間帯で全国に放送していないのが問題」と言いたいのです。

その理由は、「ビジネス的」には同時に全国放送した方が他業種とのコラボも含め成功しやすいのは明らかだからです。

BSや動画アプリでフォローしている努力は買いますが、できれば夕方それが無理ならせめて深夜の地上波で全国一斉に放送すべきだったと思います。

 

ガンダム作品は放送後にプラモやゲーム、Blu-ray等である程度、制作費を回収できるので、視聴率は気にしない方が良いとも思います。

 

Gのレコンギスタ OP

GARNiDELiA 『BLAZING』 *リンク切れはご容赦を

https://www.youtube.com/watch?v=tWLmQwtYk3w

 
ガンダムビルドファイターズトライ – amazon
 
Gのレコンギスタ – amazon