ジャストシステムからユーザー宛に届いたメール

Pocket
LINEで送る

私はホームページビルダーのユーザーで、そのためか下記のメールが届きました。


■―――――――――――――――――――――――――――
■ ジャストシステム ユーザーズ・インフォメーション      2014.07.12
■………………………………………………………………………
■【重要なお知らせ】ベネッセコーポレーションの個人情報漏洩の件に対する当社の対応につきまして
■―――――――――――――――――――――――――――

 日頃は ジャストシステム製品をお使いいただき、誠にありがとうございます。
 この度は、株式会社ベネッセコーポレーションの個人情報漏洩の件に関連する報道につきまして、多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

 当社は、2014年5月に株式会社文献社より257万3,068件のデータを購入し、これを利用して2014年6月にダイレクトメールを発送いたしました。

 事業活動の中でご登録いただいたお客様にダイレクトメールをお送りする場合や外部の事業者に依頼して発送する場合等がございますが、データベースを購入してダイレクトメールを発送する場合には、その外部事業者との間で当該個人情報は、適法かつ公正に入手したものであることを条件とした契約を締結しております。

 今回、文献社からデータを購入するにあたりましても、同一の条件が含まれる契約を締結した上で、データを入手いたしました。しかしながら、社内調査により、今回の文献社からの購入において、データの入手経路を確認しながら、最終的にはデータの出所が明らかになっていない状況で契約に至り、購入していたことが判明いたしました。

 したがいまして、当社は、企業としての道義的責任から、2014年5月に文献社より入手した全データを削除することにいたしました。なお、当該お客様情報の使用は、既に7月9日(水)より中止しております。

 当社は、株式会社ベネッセコーポレーションから流出した情報であると認識したうえでこれを利用したという事実は一切ございません。

 また、当社は、文献社から取得したデータが、株式会社ベネッセコーポレーションから流出した情報であるか否かを確認する手段を有していないため、現時点においても、そのような事実を確認できているわけではありません。

 現在のところ、当社に対して警視庁または経済産業省からの問い合わせ等はございませんが、今後何らかの要請等があれば、真摯に対応させていただきます。

 お客様にはご心配をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げるとともに、今後は、個人情報の取り扱いについてさらにコンプライアンスを徹底し、適正な情報管理に努めてまいる所存です。

 今後とも弊社ならびに弊社製品・サービスにご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

               株式会社ジャストシステム

 

●続き

頭の良い人というか企業というのは、不利な状況な時に回りくどい言い方をする傾向があるのですが

重要なポイントを要約すると

—–

文献社からデータを購入する際には「適法かつ公正に入手した名簿である」とういう条件で入手いたしましたが、最終的にはデータの出所が明らかになっていないということが判明いたしました。

—–

つまり、「名簿業者にだまされて名簿を買いました」ということをジャストシステムは言いたい模様です。

 

そこで、不正競争防止法の類型(wikipedia)の営業秘密の事例として

「会社の秘密管理された顧客名簿を複写などして持ち出して独立・転職・転売した場合や、不正に入手されたライバル会社の営業情報や顧客リスト等を取得した場合等」というのがありました。

 

で、今回のように私の自宅には「どこからか入手された名簿」を基に、無名の企業がDMやセールスの電話をかけてくることはしばしばあり、不快に感じることがあります。

ですので、名簿業者を利用したジャストシステムが悪いとは言い切れません。

ただ、名簿業者のデータを利用する名も知らない中小企業と同じ、はっきり言えば「下品なやり方」を東証一部のジャストシステムがしていた、ということを知った方がショックが大きいですし、少し信頼を落としました。「そんなこと、すんなよ」という感じです。

 

少し話がそれますが、全国のあちらこちらで、道路や橋に設置している金属製品(銘板や鉄製のフタなど)が盗まれ売却される事件が多発しています。

 

これらを買い取る業者がいるから犯罪が減らないのと同じで、個人情報を買い取る業者がいるから企業から情報を盗むヤカラが減らないのではないかと思います。

それに、買取業者は「情報の出所をいちいち尋ねて買い取っている」とは思えませんし、売る時も「詳しい説明することなしに売却しているのが普通」だと思います。

かといって、自分の情報が全く漏れないようにする、というのは今の時代、相当困難。

プレゼントに応募しない、会員登録しないと頑張った所で、銀行や保険、車のディーラー、電器店での保証加入といった「自分に必要な企業との契約」は必ず必要なので、「自分にとってどこからどこまでを真の個人情報とみるか」は人それぞれかもしれません。

たとえば「住所などは構わないけど年収、美容整形や3サイズといった情報は絶対に漏れてほしくない人」と「住所やTelが漏れただけでも不快な人」など。