サンゴ密漁でシーシェパードのような団体はなぜ中国に抗議しないのでしょうか

Pocket
LINEで送る

日本の伝統的な捕鯨業を批判だけでなく妨害までするシーシェパード。

 

今年2014年の秋頃から、中国の漁民ひょっとすると中国政府もからんで「日本のサンゴ礁が破壊」されているのに、シーシェパードのような「自然保護団体」はなぜ中国に抗議・反対しないのでしょうか?

 

自然保護団体は

中国が怖い?

サンゴの件では資金が提供されない?

それとも

単に日本が嫌いだから、日本の捕鯨だけをやり玉にしたいのでしょうか?

 

シーシェパードに限らず自然保護団体が世界を平等に見て活動をしているのなら、いますぐ中国政府に抗議活動をして欲しいものです。

そして

今回の「中国漁民のサンゴ密漁によって、世界自然遺産の認定剥奪」といったことにつながらないか、少々心配です。

小笠原村 世界自然遺産 小笠原諸島

http://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/heritage/page_1.html

 

いずれにせよ、日本人の中国人および中国政府に対するイメージはさらに悪くなったのは間違いないでしょう。