とある製品のフォントによる紛らわしさ

Pocket
LINEで送る

とある製品の型番が知りたくて現物を手に取り、
何度も確認しながら見て「WLBAR65F」とメモ。

しかし、その型番をネットで検索しても見つからない。

ひょっとして?と思い、5をSに読み替えて、WLBAR6SFと検索してもダメ。
さらに6をGに読み替えて、WLBARGSFと検索して、やっと発見。

正解の型番がわかったので、現物を今一度見ると「フォントが紛らわしい」ということに気づきました。

おそらくWeb上でははっきり区別できているとは思いますが、「印字されたフォントの種類」によってはGSが65のように、全く別物に見えることがあり、とくに営業や在庫管理の仕事をしている人は品番の確認が大変だなと。