出家女優をダマしていたKANA-BOON不倫はガンダムに悪影響

Pocket
LINEで送る

出家女優と交際し、しかも「既婚者であることを隠していた」、KANA-BOONのベース飯田祐馬。

彼のしたことは最低です。

で、それがなぜガンダムに関係するのか?

といいますと、現在、放映中で3月に終了予定の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の1月からのオープニングを担当しているのが KANA-BOON なのです。

 

正直、鉄血ファンである私にとっては「これからストーリーのエンディングに向けて話が盛り上がるという時期に、ガンダムのオープニングを見る度に不倫問題を思い出さされる、しかも3月まで」という、タイミングの悪さです。

個人的にはオープニングを1期のMAN WITH A MISSIONか2期前半のSPYAIRのOPに差し替えて欲しいのが本音です。


※2017/2/26追記

・OPは差し替えられず、そのままでした。

・ガリガリガリクソン・・・余計なことはしゃべらない方が良いと思う。


 

ついでに彼の謝罪文

http://www.kanaboon.com/news/archive/?478804

彼(飯田祐馬)のwikipediaの誕生日が正しいのなら、

彼は水星人+。

そして、出家女優についても以前の記事でも触れましたが

同じく水星人+。

六星占術のどの本にも載っている「星別相性早見表」によれば、「水星人同士」は「波瀾の組み合わせ」で、5段階評価で下から2番目に悪いペアだった模様です。

●ご自分の星人を知りたい方はこちらで調べることができます。