TOP > PCその他 > パソコンに関する雑記帳1

※当方は記事のみで、この記事を参考にされたことに関して一切責任は負いませんので悪しからずご了承下さい。


■Windows Media Player で CD または DVD に書き込む

リンク先はマイクロソフトで、2017年7月現在のものです。
https://support.microsoft.com/ja-jp/
help/15062/windows-burn-rip-cds
#1TC=windows-vista


■Winny利用のなれのはて: 2009/1

 銀行マンの人がWinnyを通じて仕事の重要書類を流し、解雇されたという事件が当時ありました。やむを得ないですね



■体験ソフトで映像を作ってみました(動画内の写真はソフトの素材です): 2009/2

youtubeで公開中
https://www.youtube.com/watch?
v=GhBxzeamhuY


デジカメde!!ムービーシアター3(当時)というフォトムービー作成ソフトの体験版を見つけたので、試しに作ってみました。

メーカー公式
https://fudemame.net/products/
movie/digicame/



ただフォトムービーを含め動画の作成は難しいと思っていたので、これまでちゅう躇していましたが、この体験版には写真そしてBGMまでもが素材として含まれており、また一部の素材はWeb用としても使用してもいいとのことでしたので、試してみました。


私がしたことを箇条書きすると、

 ダウンロード(サイズが大きいの多少時間がかかりました。)
 簡単編集を選び
 素材からサンプル写真を5枚選択
 タイトルの設定
 BGMを一曲選び
 演出テンプレートからひとつを選んで、完了ボタン


とりあえずダウンロードから30分足らずで、20秒ものの1作目が作れました。

実にかんたんでした。この時点で「デジカメで撮った写真にBGMを載せて、ウィザード内にある”映像効果”を選ぶだけで作れる」ことが理解できました。


ただしこのあとのWeb用に出力する処理でエラーが出たので、一度、タイトルだけを消したらエラーがなくなりました。おそらく文字数が多かったのでしょう。
結局、時間がかかったのはこのエラーの原因を調べた時だけでした。


そして、次に「こだわり編集」というモードを選び、写真の追加とタイトル文字の挿入、そしてBGMの追加と2曲のBGMの合成処理をしてみました。


たまにヘルプを見たぐらいで、プラス30分で2作目ができました。それが上の動画です。


結局、あまり深く考えなくても、時間軸(タイムライン)に素材を載せていくイメージで簡単にフォトムービーができ、しかも収録されているBGMや演出効果が複数あるので、今お持ちの写真とこのソフトを使えば、Web用フォト動画ができるということがわかりました。


とくにブログやHPを持っている方で、遠方のご両親や友人の方に、ご家族の近況や、旅先での思い出などイベントの写真を見せたいという方にはとくにおすすめのソフトですし、自分にその機会があればムービーを作ってみたいです。


最後にデジカメで撮影した写真をそのままブログに載せるというのも手ですが、このソフトを使って「フォトムービーとして載せる」と注目度がアップすると思います。



TOP > PCその他 > パソコンに関する雑記帳1
copyright©http://byte.sakura.ne.jp/pc-kouza/